システム

FX初心者でも分かりやすい!マルチタイムフレーム分析の魅力

MTF

マルチタイムフレーム分析(MTF分析)は、複数の時間足のチャートを使用して相場の方向性やエントリーポイントを見つける手法です。

FXのテクニカル分析において重要な役割を果たします。

定義と重要性

MTF分析は、長期的な視点と短期的な視点の両方を考慮して市場の動向を分析する方法です。

市場は常に長期的なトレンドと短期的な変動が混在しています。

MTF分析を行うことで、長期的なトレンドと短期的な変動を同時に観察し、相場の方向性やエントリーポイントをより正確に把握することができます。

これにより、トレーダーはより良いトレードのチャンスを見逃すことなく捉えることができます。

使用する時間足の選択

MTF分析を行う際には、使用する時間足の選択が重要です。

一般的には、長期的なトレンドを把握するために日足や4時間足を使用し、中期的なトレンドを把握するために1時間足や30分足を使用し、短期的なトレンドを把握するために15分足や5分足を使用することが推奨されています。

使用する時間足は、トレーダーのトレードスタイルや戦略によって異なる場合もあります。

適切な時間足を選ぶためには、相場の動向や自身のトレードスタイルに合わせて検討することが重要です。

マルチタイムフレーム分析の方法

マルチタイムフレーム分析は、長期的なトレンドと短期的なエントリーポイントを同時に把握するための手法です。

具体的な方法としては、以下の2つの要素が重要です。

長期足から短期足のチャート分析

まず、マルチタイムフレーム分析では長期足からチャート分析を行います。

この際、一般的には日足や4時間足を使用します。

これは、長い時間軸のトレンドを把握するためです。長期的なトレンドを確認することで、相場の方向性を把握することができます。

 

次に、短期足で具体的なエントリーポイントを見つけます。

ここでは、1時間足や30分足を使用することが一般的です。

これは、中期的なトレンドを把握するためです。

長期的なトレンドを踏まえつつ、具体的なエントリーポイントを見つけることができます。

最後に、15分足や5分足などのより短期的な時間足を使用して、短期的なトレンドを把握します。

これにより、より細かいエントリーポイントを見つけることができます。

 

期待値の高いトレード戦略の設定

マルチタイムフレーム分析では、長期的なトレンドと短期的なトレンドを同時に把握することで、期待値の高いトレード戦略を設定することができます。

長期的なトレンドが上昇している場合、短期的なトレンドが上昇するタイミングでエントリーすると、より確率の高いトレードを行うことができます。

逆に、長期的なトレンドが下降している場合は、短期的なトレンドが下降するタイミングでエントリーすると、良いトレードの機会を見つけることができます。

また、マルチタイムフレーム分析では、トレンド転換のサインを複数の時間軸で見つけることができるため、より正確なエントリーポイントを見つけることができます。

これにより、トレードの精度を向上させることができます。

以上がマルチタイムフレーム分析の方法であり、この手法を用いることにより、より正確なトレードを行うことができます。

マルチタイムフレーム分析の利点と欠点

マルチタイムフレーム分析の利点としては、トレードの精度が向上する点があります。

複数の時間軸のチャートを見ることで、より広い視野を持つことができます。

一つの時間軸だけでは見えなかったトレンドやサポート・レジスタンスなどの重要なポイントを見つけることができます。

また、長期的なトレンドの方向に沿ってトレードすることができるため、利益を最大化することができるでしょう。

 

一方で、マルチタイムフレーム分析の欠点としては、過剰な情報による判断力の鈍化が挙げられます。

複数の時間軸のチャートを見ることで、情報量が増えるため、判断が難しくなることがあります。

トレードのタイミングやポイントを見極める際に、迷いや悩みが生じることがあります。

また、複数の時間軸のチャートを同時に見る作業が煩雑になることもあります。

結論:マルチタイムフレーム分析の重要性

マルチタイムフレーム分析は、FX初心者でも分かりやすい手法であり、相場の方向性やエントリーポイントを把握するための重要なツールです。

複数の時間足のチャートを使用することで、より広い視野で市場を分析することができます。

マルチタイムフレーム分析の最大のメリットは、トレードの精度向上です。

リスクの高いエントリーを避ける事が出来るという事ですね。

上図は1時間足のチャートに平均移動線の赤い線を乗せたものです。

明らかに下に流れが来ています。

「上位足が下方向なので、買いは避けましょう。」という感じです。

 

 

 

長期足から短期足への分析を行うことで、相場のトレンドやレベルをより正確に把握することができます。

これにより、エントリーポイントを見極める能力が向上し、トレードの成功率を上げることができます。

一方で、マルチタイムフレーム分析には欠点も存在します。

過剰な情報による判断力の鈍化が挙げられます。

複数のチャートを同時に見ると、情報の過多によって冷静な判断が難しくなることがあります。適切な情報の選択や整理が重要となります。

結論として、マルチタイムフレーム分析はFXトレーダーにとって非常に有用な手法であり、トレードの精度向上やエントリーポイントの見極めに役立ちます。

適切な情報の選択や整理、そして適切なツールの活用が重要です。

初心者からプロまで、幅広いトレーダーにおすすめのテクニカル分析手法です。

MTF分析は有用な手法ですが、それだけでエントリーを行う事は推奨しません。

方向性をみる事が目的ですので、エントリートリガーとまではなりません。

 

 

ちなみに私が無料で提供するEAは、MTF機能がついてます。

 

ロボ おすすめの副業はこちら!

最後まで読んでいただき、ありがとうございます!

本業以外に収入の道があることは、生活にゆとりを生むと同時に、心の余裕ももたらしてくれます

おすすめはFXの自動売買システム(EA)です

EA
おすすめのEAシステムおすすめのオリジナルEAを紹介します。 画像タップで詳細ページを確認出来ます。 FX自動売買システム「Def E...

 

副業としてFXという選択をして、EAを選ぶ事も重要ですが、そのEAを運営する証券会社も重要なんです

もちろん証券会社もExnessと厳選してます

exness(エクスネス)海外FX業者の評判・口コミ・口座・特徴・評価海外証券会社のExnessについて、レバレッジやスプレッド・EAの使用・各制限・口座タイプや評価をまとめてみました。おすすめできますので、ご検討ください。...